疲れ目はサプリメントで治そう|老け顔の元を断ち切ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

コレステロールを下げよう

栄養補助食品

大豆に含まれる有効成分

脂質の多い食事をしていると、体脂肪やコレステロールの上昇、動脈硬化を引き起こす可能性があります。これらを抑制するために、注目されている栄養素がサポニンです。サポニンとは、大豆類に多く含まれている成分です。この成分を摂取することによって、コレステロールの低下などの効果が期待されます。例えば肥満を持っている人がサポニンを摂取すると、脂肪がブドウ糖と結合することを防いでくれます。その結果、体内に蓄えられることが少なくなり、体脂肪の低下をはかることができるのです。またサポニンは、体に悪い影響をもたらす過酸化脂質にも働きかけてくれます。過酸化脂質は、脂質やコレステロールが酸化した塊で、動脈硬化のきっかけになります。この生成自体を食い止めてくれるのが、サポニンです。

摂取量とサプリメント

サポニンは、食品から摂取することができます。豆腐や湯葉、納豆などの大豆製品であれば、摂取が可能です。なお、摂取量については、1日あたり100ミリグラム程度を上限に摂取することが望ましいです。そして、できれば短期間でなく、長期的に継続することが大事です。しかし毎日同じ量を摂取するのは大変な時があります。その時に活用できるのがサプリメントです。サプリメントは健康補助食品としての扱いであり、安心して飲めるのが特徴です。また食品からの摂取に比べて、体内への吸収率が高いです。そのため、効率良く栄養素を摂取できるため、体質改善の効果も期待できます。サポニンを含んだサプリメントは簡単に購入可能ですので、常備しておくと便利です。